2011年01月17日

あの日から丸16年。



今朝はとても冷え込みが厳しく、夜中に降ったと思われる雪が、
近くのテニスコートを白く覆っています。

16年前の朝は、どんな寒さだったのかなぁ。




この地に居を構えてからこの日を迎えることが、今日で7回目です。

16年前、激震で一部損壊の判定を受け大規模修繕をしたマンションに私たち家族は住み、

16年前、避難所となっていた小学校に、震災を知らない我が子が通っています。



震災後ずいぶん経ってよそから移り住んだ私たちですが、

この街に来たことで、それまで知らなかった事実や、

ずっとこの地で暮らし続けている人たちの想いを、

わずかずつですが知ることとなりました。


何よりも、ここに居続けている人たちが、毎年毎年、

辛かった「あの日のこと」を、語り続けているということに、

ただただ、頭の下がる思いです。


当時12歳だったという我が子の担任の先生が体験した「あの日のこと」を、

わずか7歳の子どもにもわかるように丁寧に話してくださっていること。

毎年この日だけは、避難グッズを詰めたリュックを背負って、

自宅から歩いて出勤してくる先生がいらっしゃること。


そんな話を我が子から聞くたびに、

ただ聞くこと、ただ読むこと、ただ祈ることしかできていない自分ですが、

「あの日のこと」を決して忘れることなく、防災に対する備えだけは怠らず続けていこうと、

今日も、朝のニュースを観ながら思いました。



テニスコートの雪。

今見たら、だいぶ解けています。

寒いけれど、穏やかな一日でありますように。


posted by みほこ at 09:41| 兵庫 ⛄| 想い | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。