2011年04月20日

ひそかに記念日(笑)



お友達に誘われてつぶやき始め、気づけば今日で丸一年。
ホンマに「つぶやく」だけですが(爆)
此処よりもかなり軽い気持ちでやれるので、まとまった時間がない時でも、一言なら書ける。
ふと思ったこと、感じたこと、疑問、喜び、驚き、時には備忘録としても(笑)

最近は、悲しみや怒り、虚しさをつぶやくことも増えてしまっているけれど。

るんるん夢溢る 笑顔の人生を もう一度 取り戻せるんるん
今朝のTV「Let's try again」
元気出ましたわ〜〜〜exclamation×2 いや〜イイですなっわーい(嬉しい顔)

やっぱり私は、配信よりもCDという形で、手元に置いときたいなと思ってたので、
今回のCD化ニュースには胸躍りましたハートたち(複数ハート)
ちょっと先になるけど、ガマンガマン手(グー)
だってねexclamation×2
やっぱ大画面で観たいでしょーよexclamation×2 あれだけの豪華メンバーよ手(パー)
PCの画面じゃ物足りんわっダッシュ(走り出すさま) 携帯電話でなんてとんでもないわあせあせ(飛び散る汗)
・・・ちっちゃい画面観るのが若干辛くなってきている自分orz

なんだか話がかなりズレましたが(爆)

まぁ結局。
あたしは自由気ままに綴れるというところが好きなんだという結論です←なんだそれ
posted by みほこ at 10:55| 兵庫 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

東日本大震災から1カ月

3月11日、まだ雪の残る東日本を突如襲った、M9.0という大地震から、ちょうど1か月が経ちました。

ここ関西の季節は冬から春へと移り、見上げると桜満開、新学期が始まりました。
相変わらず、水のペットボトルは品薄ですが、間引き運転だった電車は通常ダイヤに戻り、
街の灯りもいつもと変わらず明るいです。
先週末、近くの花見の名所はどこも物凄い人でごった返しておりました。

それでも、この1か月間、各メディアから震災関連の報道を見聞きしなかった日は一日もなかったし、
TVでニュースを観るたび、新聞の記事を読むたび、涙がポタポタと零れ落ちる毎日です。
あまりにそのことがストレスで、体も変調をきたし、しばらくはTVと新聞を故意に遠避けていたこともありました。

実際に被災していない自分がこんなことになるわけですから、
今なお避難所で不便な暮らしを強いられている、16万人にも及ぶ被災者の心情を察することなど、
到底無理だと感じます。
きっと自分が思っている何倍、何十倍といったストレスを抱えながら、
明日がどうなるかすらわからぬ不安の中で、それでも懸命に生き延びてらっしゃる方々に対して、
今の自分にできることが本当にあるのだろうかと、今自分は何をすべきなのかと、
正解はこれですというような、明確な答えが出せぬままでいます。
義援金と支援物資の提供はしたけれど、果たしてそれだけでいいのだろうか?
ここ数日の報道で、ボランティアの数がまったく足りていない現状があることを知り、
もしかしたら自分にも手伝えることがあるんじゃないかと考えてみたり、
でも実際行けるのかと問われると、行けるはずがないのはわかっていて。
金、モノ、人、この3つが揃ってこそ、被災者の方々も動きだせるような気がして。
自宅がかろうじて津波に流されずに済んだ方でも、帰りたくとも帰れないわけですから。
それを知っていながら、ここでいつも通りの暮らしをして、
募金箱を見つけるたびに100円玉を1枚、2枚と入れることしかできない自分。
なんと自分は無力なんだろうと、一時期封印していた想いがまた、胸を締め付けるに至るという。。。

こんな、どうしようもなく弱っちぃ自分が、時々イヤになります。


先週末、ニッポン放送で、ましゃが凄いチャレンジをしましたね。
ラジオチャリティミュージックソン「I'm with U 〜キミと、24時間ラジオ」
http://www.1242.com/program/mthonsp/

全部は聴けませんでしたが、いつもの魂ラジの時間にやった、ライブの音だけは、
今も鮮明に耳に残っています。

ましゃの2011ツアーが始まってわずか3か所目、広島公演の途中から、止まったままだった、ライブ。
ちょうどこの土日が、予定では宮城での公演だったということで、
ましゃはたくさんの歌を、本当に心をこめて丁寧に、そして優しく強く、
しっかりとファンの耳に届くようにと、力いっぱい歌ってくださいました。

メールでもいくつか来ていましたが(笑)、私もいうほど期待はしてなかったので(←蹴っ)
1曲目「HELLO」聴いて、ぶっ飛びました、正直な話(爆)
これは完全なるライブだと。
ましゃの目の前にお客さんは居ずとも、全国でましゃのライブに耳を傾けていらっしゃった方が、
どんだけの人数だったんだろうと。
Twitterのフォロワーさんが、ライブ中どんどん増えてましたもん(笑)

私は運よく、震災が起きる前の週の和歌山公演に参加していたので、
ラジオを通して聴いた福山BANDの音に、1か月前の素敵な時間のことが蘇り、
もうとにかく泣けて泣けてしゃーなくて。
ましゃは凄いなぁ本当に、こんな素敵な人のファンで本当に本当によかったなぁと、また改めて思ったりして。
そしてまた、この音を宮城公演に参加予定だったファンの方々が聴いた時、
どんな想いがこみ上げるのかなぁってこともまた同時に考えたりもして。
さまざまなことを感じながらの90分は、本当にあっという間でした。

いつかきっと笑顔で、ましゃのことが好きな方たちみんなで、ましゃのライブに参加できる日まで。
なるべく早くその日がやってくるようにと願いながら。



posted by みほこ at 22:29| 兵庫 | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

春よ来い

東日本大震災の発生から、早3週間が経ちました。
自分自身のことを考えたとき、公私ともに怒涛の、本当に文字通り、怒涛の3月だったなぁと感じます。
ましゃのライブがわずか一月前だったとは、到底思えない程、いろんなことがありすぎました。
新聞をめくる気になれず、PCに向かう気にもなれず、TVもあんまり観れず、
かといって早めに床に就いても寝られるはずもなく。
う〜〜〜ん。。。何というか、うまく言葉にできないです。

そうこうしてるうちに、カレンダーが1枚めくれる日になっていて。
あぁ・・・4月かぁ・・・と。
ずっと蕾だった、マンションの桜が、ここ数日の陽気で、一気に花開いて。
あぁ・・・春が来たんだぁ・・・と。
時間の流れを感じる暇も、空を見上げる余裕も、なかったなぁ・・・と。


昨日と一昨日、嵐さんが出てたTV番組を観ました。
楽しく喋って、明るく歌って、元気に踊っている彼らを観て、最後堪えきれず泣きました。
当たり前にある日常を感じられることに、ただただ感謝の気持ちで、涙が溢れました。

前を向いて進もうっていう、ポジティブな気持ちに、なかなかなれずにいる私ですが、
今、自分のまわりに起きているいろんなことも、いつかはいい方向にいくといいなと思いながら、
スピードはゆっくりだけど、少しずつでも前向きに、そうなるよう願う毎日です。


このエントリー、実は先週の安部礼司を聴きながら打ってるんですが、
途中から涙が出てきてしまって大変です。
ただでさえ涙腺緩いのに、この3週間は本当に、泣かない日がなかったんじゃないかなぁ。
日本中で、世界中で、どれほどの涙が流れた3月だっただろうね。






posted by みほこ at 17:15| 兵庫 ☁| 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。